一般社団法人MOA自然農法文化事業団 沖縄支所

沖縄支所発行のMOA自然農法ラベルの説明


 2017年のMOA自然農法ガイドラインの改定により、マーク表示が新しくなりました。また、表示規則に則り、支所でオリジナルラベルを制作できるようになったため、生産者や消費者の声を参考に、沖縄支所独自のラベルを制作しました。
 特にこだわったのは、「MOA自然農法」の文字を大きくすることと、栽培内容が一目でわかるようにロゴ表示を取り入れました。ロゴによる栽培内容の表示は、覚えるまでが大変かもしれませんが、文字だけでは書き切れない栽培内容が一目で分かるようになります。
 生産者の栽培内容が細かく分かるので、生産者の栽培意欲の向上にもつながると考えています。
 また、ラベルにはQRコードを表示し、アプリで読み取れば、ラベルやロゴの説明ページを開くことができます。



■沖縄支所発行の新しいラベルの紹介

MOA沖縄支所発行のラベルは、最大5つのロゴを表示できます。

●主な栽培内容
 ラベルの種類は「MOA自然農法」、「MOA自然農法転換期間中」、「MOA特別栽培」の3種類になります。それに細かい栽培内容をロゴで表示します。

MOA自然農法とは、MOA自然農法ガイドラインに基づき、自然農法を実施して2年以上(果樹は3年以上)の圃場で生産された農産物に表示しています。
MOA自然農法転換期間中とは、MOA自然農法ガイドラインに基づき、自然農法を実施して6ヶ月以上2年未満(果樹は3年未満)の圃場で生産された農産物に表示しています。
※6ヶ月未満の畑で生産された農産物には表示していません。
MOA特別栽培とは、MOA自然農法ガイドラインに基づき、土壌に負荷を与える化学肥料や除草剤、殺線虫剤、土壌消毒剤の使用を禁止しています。
農薬は、当該地域の慣行栽培の5割減で使用を認め、生産された農産物に表示しています。
沖縄県の慣行栽培基準はこちら。

◆ロゴの説明
植 米ぬかや油粕、ダイズ粕、フスマ、腐葉土の他、植物性の資材を使った発酵肥料や酵素(いずれも自家製を含む)等の資材を使わずに、栽培を行っています。
※畑で栽培した緑肥や作物残さ、畑に生えている草のすき込み等は含まれていません。 
動 牛糞堆肥などの動物性の資材を使わずに、栽培を行っています。
天 有機JAS規格で認められている天然物に由来する農薬を使わずに、栽培を行っています。
※食酢と在来天敵(テントウ虫など)の使用は除く。
連 同じ畑で1年を通して同じサイクル、または1年以上同じ畑で同じ作物を栽培しています。
種 自家採取した種を使用して、栽培を行っています。

◆沖縄支所発行のMOA自然農法ラベル例
牛糞堆肥などの動物性の資材天然物に由来する農薬を使わず、自家採取した種を用い栽培した、MOA自然農法の農産物に表示。
※栽培内容が自然農法プラチナ(「プラチナの要件」参照)に適合するため、「植物性資材のみ使用」の表記が必要。
米ぬかや油粕、ダイズ粕などの植物性に由来する資材を使わず、牛糞堆肥などの動物性の資材天然物に由来する農薬を使わずに栽培した、MOA自然農法の農産物に表示。

MOA自然農法プラチナで提示する「植物性資材」とは、米ぬかや油粕、草質堆肥以外に、作物や草の根までも対象となる。自然農法を実施している圃場で、根まで取り除くことは不可能なため、「植物性資材のみ使用」の文字を省くことはできない。
「植」のロゴは、緑肥や作物残さ、畑に生える草や根っこ以外の、植物性由来の資材を使用していないという表示になる。
 動物性の資材天然物に由来する農薬を使わず、連作を行って栽培した、MOA自然農法転換期間中(自然農法を実施して2年未満)の農産物に表示。
※自然農法になっていないため、資材要件が自然農法プラチナでも、「植物性資材のみ使用」の表記はできない。
動物性の資材を使わず、農薬を当該地域の5割減、化学肥料不使用で栽培した、MOA特別栽培の農産物に表示。
※MOA特別栽培は、除草剤や殺線虫剤、土壌消毒剤は禁止。
※沖縄県の慣行基準はこちら。
米ぬかや油粕、ダイズ粕などの植物性の資材動物性の資材天然物に由来する農薬を使わずに、連作を行い、自家採取した種を用いて栽培した、MOA自然農法の農産物に表示。
天然物に由来する農薬を使わずに、連作を行い、自家採取した種を用いて栽培した、MOA自然農法の農産物に表示。
※「農薬、化学肥料、天然物由来の農薬不使用」と生産者のこだわりを表記。
天然物に由来する農薬を使わずに栽培した、MOA自然農法の農産物に表示。
「自然農法継続8年」と生産者のこだわりを表記。
「自然農法継続8年、農薬、化学肥料不使用」と生産者のこだわりを表記し、MOA自然農法の農産物に表示。
※ロゴやQRコードを入れずに、文字表記のみで生産者のこだわりを表示。

更新記録   
・平成29年7月1日 ラベルの説明を作成。
・平成29年7月4日 植 から「緑肥」を除外。
・平成29年7月9日 「植物性の資材」では適用範囲が広いため、植 は植物性資材全般を使っていないという内容ではなく、具体的な資材名を上げた。
また、畑で栽培した緑肥や作物残渣、畑に生えている草のすき込み等は対象外に設定。
平成29年10月6日  ページをMOA自然農法文化事業団沖縄支所のデザインに変更。
ロゴを表記したラベルの栽培内容の説明を追加。

ページの先頭に戻る


 copyright©2017 MOA自然農法文化事業団沖縄支所 all rights reserved.